2006-06-15から1日間の記事一覧

久しぶりに五木

ぱっとしないまま、もう6月か。 トルーマン・カポーティの『冷血』はやはり傑作だと思う。 長いのに過不足を感じさせず、テンポとリズムがあり、文体がしまっている。 電車の行き帰りやランチタイムにコーヒーを飲みながら読んでいると、そこはかとない喜び…