2006-02-17から1日間の記事一覧

族長のハル

それでいよいよガルシア・マルケス、『族長の秋』に取りかかることを決意したわけである。 読み出してすぐ、ああこれは、娯楽ではなく文学なのだなあ、と思い知らされた。 1ページに、京極のおよそ2倍の文字量が詰め込まれている。銀色夏生なら3、4倍だ。章…