2005-11-11から1日間の記事一覧

藤沢周平読む

アントニオ・タブッキ、ポール・オースター…、しかし文体において藤沢周平の清冽さにはおよぶまい。 藤沢周平の下級武士ものと簡潔でドライな文体が一致したとき、読んでいて恍惚となるほどだ。 町人ものでは人情が入り込んでどうもキレが鈍くなるような気が…