カツカレー。 at まんてん http://t.co/LTzqGKseGL http://t.co/KH0lAvzhIk— 樋口聡 (@rococorococo) 2015, 1月 29

[https://twitter.com/rococorococo/status/559191835844046849:embed#野菜のカレーとバターチキンカレー。 http://t.co/BZ0FNOVTJh]

小さな写真展のご案内

お暑うございます。 どうもしばらくです。直前のご案内で恐縮です。 明日から東横線・学芸大学駅近くの「平均律」という喫茶店でポラロイドで撮ったカナリア諸島の写真を展示します。 といってもポラ原寸で2、3点ずつを14、15フレームです。http://www.heiki…

文芸漫談観た

いとうせいこうと奥泉光の文芸漫談シーズン3、三島由紀夫の回観た。 奥泉の小説「モーダルな事象」を読んているところなのであり、「グランド・ミステリー」では、その緻密でスキのない筆致にほれぼれとさせられただけに、人物にとても興味をそそられたわけ…

文芸漫談シーズン3観た

ワイルド・ソウル読了

垣根涼介『ワイルド・ソウル』下巻読了。 幻冬舎文庫で読んだが、09年に新潮文庫に移っている。何があったのか。売れっ子である垣根涼介の、重賞作品が売れないはずがない。版を重ねているものが版元を移るのだから、何があったのか。 それはともかく、楽し…

天体戦士サンレッドの件

地元のアラフォーに天体戦士サンレッドが人気なのであって、YouTubeのリンク送られてくる。 ヒーローvs怪人ものなのだが、まったくのギャグなのであって、ワル者のアジトが宿河原から3つめの駅の溝の口からの徒歩圏にあるらしい。 たとえばセリフに曰く、 「…

「日本の悪霊」読了

Twitterで呟くのでブログの更新が滞る。 みなさん、Twitterにはどうでもいい「なう」ばかりを、ブログにはそれなりにまとまった書き込みをしているらしい。 僕の場合はTwitterも140字以内とはいえそれなりに構えて書くのでブログに書き込む余力がなくなる。…

24の季節終了

そこで一句。 ■ 二十四夜照らすや医家も別邸も ■ 訳 24のシーズン7を観終えて空しい気持ちでいるところだったが、日テレでドクターハウスが、NHKでアグリーベティが放送されているではないか。私の心は月夜のように清涼であることよ。 ■ ああ、終わった。 シ…

なうって

今〜している、というのを、なうと言うらしい。 twitterで「下北沢で飲酒中」と書いたのは、「下北沢で飲酒なう」と書くらしい。 でも書かないな。書けないよ。 抵抗して抵抗して、そしていつの間にか誰にも気づかれずに取り込まれていたというパターンで今…

twitterはじめましたが

ツイートする、つまりつぶやきばやりで、どうでしょう。 twitter始めました。IDは秘密です。 だけど、つぶやいてみましょうと言われてつぶやきますか、ふつう。 つぶやきというのは通常、つい出てしまうものである。 それが、つぶやいて下さいと言われてつぶ…

『模倣犯』読了(ネタばれあり個人の責任で読まれたし)

『模倣犯』(宮部みゆき)読了。 文庫で5巻。この人の小説は『理由』以来である。 文体に特徴はないが、スタイルはすこぶる特徴がある。すなわち、饒舌と長口上。 つまり、この小説に込められたメッセージは1冊に凝縮するのが妥当だ。連載3年とか、加筆2年とか…

年があらたまって何を思うのか

「年末は…」 と言ったまま、はーっとため息をつきたくなるほど、年末は飲酒に明け暮れてしまいました。 しばらくは胃腸も不調でした。 肝臓はもの言わぬ臓器でどこにあるかも知らないが、このときばかりはどこにあるのかわかる気がしました。肝臓からの悲鳴…

ミリオンダラー・ホテル→17歳のカルテ

録画してあった「ミリオンダラー・ホテル」を観ていて、観終わらないうちに出かけ、帰宅して今度は「17歳のカルテ」を観、「ミリオンダラー・ホテル」も続けて観終えた。 この2本が連続したのは偶然だ。 安ホテルを舞台にした「精神病院が見放した」(劇中の…

夜の公園、か

川上弘美『夜の公園』読了。 解説に言うところでは、川上弘美は恋愛小説の妙手というか、恋愛小説家であると言わんばかりで。 『センセイの鞄』が恋愛小説であるというのは今となってはそう思うしかないが、その他に恋愛小説ってあったっけと思うほど、恋愛…

ウルリッヒ・ミューエ再び

この度、図書館で「スパイ・ゾルゲ」(篠田正浩監督)を借りて観たところ、ミョーに気になるドイツ人役がいて、最後のクレジットで声をあげそうになった。 ウルリッヒ・ミューエ。またお前か。 このドイツの俳優が死んだときに反応してはてなダイアリーに書い…

タイトルに負けた夜もあった

久々に、古本でなく新しい本を、しかもマンガを。 『深夜食堂』1〜4。安倍夜郎。小学館。タイトルにはくるものがある。 作者は、現時点でまだウィキペディアに項目も立っていないほど無名だが、作品の方は食堂モノなのでレシピ本は出るわ、深夜枠で小林薫主…

ひと事だけど心配になったこと

極端に質の低い飲食店が多いのが明大前という土地の特性で、安くて量があればそれでいいという人たちが住んだり働いたりしている。 ファミレスは水もスープも自分で持って来なければならないスタイルのガストしかない。だが2軒もある。 この土地で教育の対象…

みやげ乱れ飛ぶ日々

夏休みもなく働き、普通どおり、行きつけの店々をたどる日々。 帰省や旅行や出張の土産をもらう。 広島みやげの魚の干物入りせんべいは食べにくかったです。

サヴィンコフ読み終わり

サヴィンコフ『テロリスト群像』上下巻読了。 僕の場合、読み終わった本は、「読み終わった本を積み重ねておく場所」に積み重ねる。それを時々整理して棚に収める。 思えばラテンアメリカ旅行に出かけるときには全蔵書を古本屋に叩き売った挙句、トラック代…

ライブに行く

前の週の話になるが、町田のCARBUNCLUSという、その名もアメリカン・バーのライブに行った。 Septeto tradicion。 キューバ音楽のソンをやるバンドで、客はごく少なかった。 キューバ人の友達に誘われたので行ったのである。 ボーカルの人が、今度キューバに…

訪れた国は40か国だが

また久しぶりに例の自分が訪れた国が何か国なのであり、地表の何%を占めているのかという不毛なサイトに行ってみる。 今のところ、40か国で、それは17%なのだという。 ブータンを足しても1%アップとは行かなかったのだ。 夏で、街の人出も少ないように感…

ほかに踊りを知らない。だと

川上弘美『ほかに踊りを知らない。』読む。 船戸与一と川上弘美は、なぜか条件反射のように手に取ってしまい、思考停止してレジへと進んでしまう。 読むということもないようなつぶやき文、しかも小説でなく身辺雑記なので、サヴィンコフと併行してもOK。 …

宿河原の決闘

宿河原に住んでいるというと即座に「ああ、宿河原ですか。乞食坊主が激突したところでしょ」と言ったNさん、お元気ですか。 『徒然草』の第115段に、「宿河原というところにて」という章があり、河原で無頼の乞食僧たちが念仏を唱えているところへ、師匠を…

『テロリスト群像』遅々と読む

サヴィンコフ『テロリスト群像』(岩波現代文庫)をゆっくりゆっくり読んでいる。 学芸大学駅近くの古書店で上下巻1000円を衝動買いしてしまったあとで、アマゾンで二束三文で売られているのを発見すると地団太を踏む思いだ。 しかしねえ、テロへのこのなみな…

散歩写真家協会始めました

mixiに散歩写真家協会なるコミュニティを作って放置していて、管理人のくせに立ち寄りもしなかったことは反省している。 人生いろいろありまして。 懲りずにFacebookでも散歩写真家協会始めました。 http://www.facebook.com/にアクセスして、散歩写真家協会…

見誤ること

マガジンラックを整理していたら、そういえばそんな時期もあったな、というような雑誌が出てきた。 ここまでいくと、誤報を表紙にしてしまったようなものなので言い訳はきかない。 ニューズウィークとしては、ヒラリー・クリントンが大統領になるという既定…

血だ

佐藤愛子『血脈』読了。 500ページを超すボリュームで3巻。 脱稿まで何十年もかかっているらしい。 佐藤愛子の父の壮年時代から始まって、つい最近まで、脈々と続く佐藤家の人々の物語。 すごい、と著者自身も何度も言っている。佐藤家のめちゃくちゃな人々…

イール氏の結婚

邦題「仕立て屋の恋」。 いや、いいと思います。 昨今の低迷する心境もあり、ちょっとクるものがあってハマります。 ストイックな変態モノに、かえって純愛を見いだすのか。 僕は、メインテーマになっているブラームスの「ピアノ四重奏曲第1番4楽章」をiPo…

古いパソコン

編集稼業に就く前の、僕は割と早い段階でワープロを使い始めた。 1980年代の真ん中だから相当早いグループに入る。 そうすると、キーボード叩いて20年以上ではないか。まあなんと。 今からすると「何でこんなものが」というワープロ専用機が10万円以上したり…

飛行機に乗りたくなったので

カンボジアにトビました。 飛行機はダメですが、僕が乗っても乗らなくても飛ぶので。 自家用機は本当にダメです。僕も絶対に買いません。自家用車も買いません。 でも僕が乗らず、あなたも乗らなければ、いずれは路線そのものが消滅し、環境負荷も軽減される…

BBCのお天気おじさんのキャラが立っている件

ええもちろん日本語翻訳放送で見ているんです。 衛星放送なので、世界中の天気を、1時間程度おきに脈絡なくやるのだが、中におもしろいおじさんがいる。 手の開き方と閉じ方が絶妙で、老練なマジシャンを彷佛とさせる。 天気予報の度(天気予報は翻訳なしなの…

「24」観終えて(ネタばれ有り。自己の責任において読まれたし)

恥ずかしながら、「24」にハマっていたことを告白しよう。 シーズン6まで各24話=144話。DVDで72枚。 長い日々だったが、あっという間だった。 オンラインで2枚ずつ借りては1枚ずつ観てゆく日々。 オンラインで借り出す手続きがうまくいかないと、1日損した気…

乙女と少女の映画

「ペルセポリス」と「ぜんぶフィデルのせい」観た。 2本とも良かった。 詳しいことは省くが、 1.イランの少女が思想弾圧の嵐が吹き荒れる母国からフランスへ送られて成長する物語。 2.チリのアジェンデに共鳴して政治にかぶれた父親を、娘はうんざりしながら…

ナツメ先生

前回書き込んでからもう半年ですか。はあ、そうですか。 便りのないのは良い便り、とはこのインターネット時代には通用しないらしく、発信しない限り眠っていると思われても仕方ないらしい。やれやれ。 僕がそういう風潮には満身の抵抗を示すかというと、反…

たいへんごぶさたいたしておりました

仕事の仕方をかなり変えた。 その結果、このダイアリーとやらも書けないほどのバタバタである。酒量も嵩んでいる。 そうこうするうちにまたしても僕のライブラリーに新たないちページが加わろうとしているではありませんか。 逢坂剛センセイですよ。逢坂剛セ…

夏なのに雪国

いかに量産の船戸センセイといえども、さすがに持ち駒がなくなってきた。 それで下川裕治のバンコクものとかに手を出したりして。 そうすると、トラベルライターの禁じ手というか教訓というか、読んでいて考えさせられる個所も見えてきたりして。 そう、むろ…

ローカル飲料

ファミリーマートでドクター・ペッパーが新製品として販売されていて驚いた。おまけにコカコーラのブランドとして売られているというのだ。 かつてドクター・ペッパーを飲んだのはいつごろ、どのあたりだったか記憶が定かではないが、初めて口にしたとき、「…

船戸与一また

ふなとよいちではない。ふなどよいちである。 『流沙の塔』上下巻も瞬く間に読了。 僕には昔から、美味しいと思ったらそればっかり喰う習慣があった。 摂食障害の子どもに「ばっか食い」という、そればっか食う症状があるというが、僕も十分それだ。 札幌の…

今年もブレ−ミアが

2週間も前のことになるが、ともだちの合唱団ブレーミアが今年も大阪からやってきて、MANDALA2に出るというので行く。 2年ぶり2度めだ。 個人的にこの時期、バンコクへの片道切符の期限切れが迫っており、思い切って使っとこうかな、つまりブレ−ミアのコンサ…

ウルリッヒ・ミューエ死す

東独出身の俳優、ウルリッヒ・ミューエが死んだ。 思えば「善き人のためのソナタ」を観たのが3月なのであり、死んだのが7月である。 短い付き合いであったことよ。 そうなると、転向した秘密警察官という役のイメージだけが彼に残ることになる。 さあ、そこ…

船戸与一ふたたび

船戸与一の季節がふたたびめぐってきた。 十年以上ぶりで下北沢通いが復活しているのだが、当地の幻游社で『伝説なき地』上下巻を入手してきたのである。 『蝦夷地別件』ではそのストーリーテリングに舌を巻いたが、ここでもさすがの饒舌さだ。 ただ、蝦夷地…

「大日本人」観た

大ニホンジンではないらしい。大ニッポンジンなのだよ。 世界の北野の最新作より売れている、という触れ込みだが、これより低調な北野映画って何なのか、と思ったり思わなかったり。 ラスト4分の1ぐらいまではカンヌでフランス人にウケたのもうなずけると思…

みどりの窓口よお前もか

キオスクが閉店、解体、更地になって久しい宿河原ではあるが、この度、みどりの窓口までが撤退することになった。 これからは定期から新幹線のきっぷまで自販機を利用することになるという。 これはいうならば逆に、うれしい。 この駅の窓口こそ、JR広しとい…

「アッシュアンドスノー」観た

お台場のノマディック美術館で、グレゴリー・コルベールのエキジビジョン「アッシュ アンド スノー」観た。 1900円の入場料を払う人たちが列をなし、場内も結構混んでいた。 心を動かされるものもあるにはあったが、作品の感想は僕はそれなりにネガティブ。…

「ペイフォワード」観た

2000年制作。前世紀なんだなあ。 ラスベガスの、それも庶民を描いているという点がユニーク。砂漠の街の、空や遠景のコントラストが凄い。小学校の窓から見える山々や雲が、写真好きに「おっ」と言わせるに十分だ。 ケビン・スペイシーは相変わらずうまい。…

ヤフーやめました

ヤフーのADSLをやめた。したがってybbのアドレスを捨てることになった。 影響はそれだけにとどまらず、考えてみたらわがWebサイトのトップページも失われているではありませんか。 そうすると、はてなダイアリーに移行するまで続けていた写真日記もまた、全…

チャンドラー読み終わりました

『ロング・グットバイ』だけじゃありませんよ。 一気に『さらば愛しき女よ』まで読み倒したんですよ。 文庫化されたのは70年代のはじめだが、ダウンタウンを下街といったり、訳が堅いのが意外と心地よかったりもする。「接吻」には笑ったけど。 70年代といわ…

髪切るストレスと切らないストレス

近所の美容院、といっても近所に美容院はないので、ひと駅ぶん電車に乗って安い髪切り屋に行く。 僕は髪を切りに行ったのに、向こうは髪を切ってくれない。 いえいえ門前払いを食うのではありません。あまり短く切ってくれないというだけの話です。 カリアゲ…

「ロンググッドバイ」読み始めました

成城学園前の江崎書店はとても感じが良かった。そこでいずれどこかで買おうと思っていたレイモンド・チャンドラー著・村上春樹センセイ訳の『ロング・グッドバイ』購入。 これを手に持って読みながら電車に揺られるのはなかなかにたいへんなのである。 片手…